株式会社エイワ機工

HOME > 取扱商品一覧 > ハンダ付け関連装置および周辺機器 > BK-8808

■ ポイントソルダー (BK-8808-A/B)

メーカー
特  徴

■高精度多点ハンダ付を40秒で実現!セル生産方式多点自動ハンダ付けシステム

SOLEX BK−8808は近年の高密度基板に実装された後付け部品すべてを対象にしたハンダ付けの一括処理を目的にした自動ハンダ付け装置です。ハンダ付け作業環境も大きく変わろうとしています。その中にあってSOLEX MACHINEは後付けハンダ付けで多くのユーザー様から支持されております。

■ 仕様

BK−8808−A BK−8808−B
電気容量 計3300W
(ハンダヒーター2200Wプリヒート1000W他)
計4200W
(ハンダヒーター2200Wプリヒート1000W他)
外形寸法 620W 750D 1200H 750W 1000D 1400H
重   量 140s(ハンダ量40s) 180s(ハンダ量60s)
ハンダ付有効範囲 220×140mm(OP220×160可) 250×250mm(OP250×330可)
入力電源 AC 2P 200V(OPでAC 2P 100V、2P 220V可)
電装部メインコントロール 超高速アクセスウィンドウ内蔵型シーケンサーデジタル回路方式採用
ウィークリータイマー ディジタル表示簡単操作週間パラレル運転設定
安全保護回路 パトライトによる運転状況表示。ハンダ槽インターロック保護回路、漏電ブレーカ他
噴流ノズル高 標準30mm(OPで60mm迄) *裏面にディップ時障害部品がある場合等
プリヒート 基板の形状、厚み等で条件は異なりますが通常20秒で60〜80のプリヒート。シーケンサー設定。
フラクサー スプレー方式2ノズル。条件出しは空気圧、リフトスピード調整による(発泡はOP)
ハンダブリッジ対策 リフト部2重キャリア方式による斜め上昇ブリッジカット機構採用(PAT)
リフト移動メカ部 高精度スライドレール使用 ステッピングモーター制御 条件出しコントラーラ外部
リフト上下斜め動メカ部 高精度エアーシリンダー使用 上昇下降速度パラ設定可

■ 詳細

◎各操作部は一体型パネル上で設定し各部の確認が容易に出来るので安全。
◎一週間の作業行程に合わせて本体部電源を週間タイマーで設定。
◎各部の動作をマニュアルスイッチで確認し本設定での正確な条件出しを可能にしました。
◎噴流ハンダ槽部はSOLEX実績のPID制御温調器を搭載し安定したハンダ付けを可能にしました。
◎リフト部はAテーブル/Bテーブルと区別し各位置での条件設定を可能にしました。
◎メインコントロールとしてはシーケンサーを搭載し細部の条件を最良な状態にSETUPしてごさいます。

◎スプレーヘッドは極めの細かいミスとを発生し理想的なスプレー条件を可能にします。
◎スプレーフラックス塗布はワークに合わせたマルチマスクプレート採用。
◎塗布範囲選択センサーで無駄なフラックス塗布を無くします。ワークに合わせて設定。
◎スプレーヘッドは左右可動方式(スイング方式)で着実に塗布箇所を狙います。 可動時間5−10SEC調整可
◎スプレーヘッドは清掃が楽な脱着方式採用。
◎余分なフラックスを除去出来る受け皿パレット付き。
◎手動テストスイッチ付き。

一度SET UPすれば誰でも跡付け部品ハンダ付けが可能

◎基板位置合わせプレート使用
◎リフト部には上下正確な4軸のリフト軸を採用
◎位置合わせが容易な原点式。
◎ワークのセットは1.0mm以下の微調整のみですみます。
◎シンプルなクイックリターン方式

◎リフト部搬送系には精度を要求されるスッテピングモーターを採用。精度1ミクロン刻みの制動を可能にしました。又、上下動メカ部には高精度エアーシリンダーを搭載し微妙なハンダ切れ条件を完璧にリカバリーし搬送キャリアの上昇速度、下降速度いずれも独立調整を 可能にしております。
◎フリとキャリアには軽量、強剛性の強化アルミを使用し二重 キャリア方式でブリッジ防止機構(実用新案)斜め上昇機構を搭載しております。
◎コントロール機能には条件設定の可変をサポートする最新鋭 シーケンサーを内臓。各部の高精度調整を可能にしました。

◎1KWのヒーズヒーター採用。
◎多層基板でも効率の良い予備加熱供給を可能にしました。
◎下部ハンダ槽加熱気を最大限に利用しおります。
◎上下からのプリヒートで短時間で予熱工程は完了。
◎実装基板に影響を与える事無くソフトヒートランニング致しします。

◎高品質プリント基板製作に欠かせない基板のプリヒート。後付工程には省略されやすい部分ですが手抜きは禁物、完全ハンダ上りを約束いたします。
◎プリヒート温度設定はシーケンサー内部タイマーにて完全自動化。一度の条件出しで以後均一ヒートアップでハンダ付部にリレーされます。
◎ハンダ槽部には実績のAC2P200Vを搭載。熱効率を最優先した急速シーズヒーターで60分以内の立上りを実現。  
◎マルチノズル部はヒートレスポンスの非常に少ない噴流方式を採用。基板裏面のロング部品による障害等もノズル高最大 60mm迄の設計を可能にしました。

◎ハンダ槽部装置内で独立配置されており、メンテナンスフリー化を目ざし内部も複雑なメカニズムを拝しシンプルイズベストで且つ高性能を保持しております。
◎噴流ハンダ面とワーク斜め上げメカ機構(実用新案)で今迄の部分付けの弱点“ハンダブリッジ”の解消を実現しました。

お問い合わせ  TEL 0598-56-5055  FAX 0598-56-5082  E-mail info@eiwa-m.co.jp